RTX1210のタグVLAN時におけるLAN内スループット

RTX1210でタグVLAN利用時に、同一VLAN内、VLAN間でどの程度スループットが出るのか計測してみました。

計測環境

暗黙のVLAN1に加え、VLAN2を追加します。

ip lan1 address 192.168.100.1/24
vlan lan1/1 802.1q vid=2 name=VLAN2
ip lan1/1 address 192.168.101.1/24

タグVLANを設定すると、LAN1のポート1-8はすべてタグ付きポートとして設定され、クライアントが属するVLANを変えるためにはタグを外すスイッチが必要になります(暗黙のVLAN1だけタグなしとなります)。検証環境ではCentOSはESXi上に構築しているのでESXiのポートグループの設定でタグを外すことにし、CentOS7 AとCentOS7 BをVLAN1、CentOS7 CとCentOS7 DをVLAN2に所属させます。iperf3を(1)同一VLAN内となるA-BとC-Dで同時、(2)VLAN間となるA-D、(3)VLAN間となるA-DとC-Bで同時に実行しスループットの測定を行います。RTX1210のファームウェアはRev.14.01.33です。

計測結果

Mbps CPU 消費電力
無負荷時 0% 7.7W
(1) VLAN内で同時 A-B 942
C-D 939
0% 7.7W
(2) VLAN間 A-D 935 81% 8.1W
(3) VLAN間で同時 A-D 450
C-B 451
87% 8.2W

VLAN内であればハードウェア処理でWire speedが出ますが、VLAN間だとCPU処理となりルーターにかなり負荷がかかります。この辺りの結果は単純routingの結果ポートベースVLANの結果と同じとなりました。

VLAN間の通信が多い場合には、RTX1210を使うのではなく、VLAN間ルーティングがハードウェア処理できるスイッチを使うべきでしょう。

RTX1210のConfig

検証に使ったconfigは以下となります。

ip route default gateway dhcp lan2
ip lan1 address 192.168.100.1/24
vlan lan1/1 802.1q vid=2 name=VLAN2
ip lan1/1 address 192.168.101.1/24
ip lan2 address dhcp
ip lan2 secure filter in 1000 2000
ip lan2 secure filter out 3000 dynamic 100 101
ip lan2 nat descriptor 1
ip filter 1000 pass * 192.168.100.0/24,192.168.101.0/24 icmp
ip filter 2000 reject * *
ip filter 3000 pass * *
ip filter dynamic 100 * * tcp
ip filter dynamic 101 * * udp
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
dhcp scope 2 192.168.101.2-192.168.101.191/24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です