IX2215のルーティング スループット

気になっていたNECのUNIVERGE IX2215をヤフオクで購入しました。以前はほとんど出品なかったのですが、最近は中古品が15,000円くらいで大量に出回ってます。IX2207のほうがコンパクトで使いやすいのですが、憧れだったIX2215が漸くこの価格で購入できるとなれば、テスト的に入手したくなります。筐体がデカくて我が家では扱いづらいので、テストが終わったら売却しますけど。今回は、NEC UNIVERGE IX2215のGigaEthernet2-GigaEthernet0間の単純ルーティングでのスループットを測定してみました。

計測環境

LAN用途のGigaEthernet1配下にCentOS7 Aをクライアント、WAN用途のGigaEthernet0配下にCentOS7 Bをサーバーとして配置し、iperf3を実行しスループットの測定を行います。IX2215のファームウェアは10.5.13となります。

計測結果

CentOS7 Aでのiperf3の実行結果が以下となります。-Mオプションを使ってMSSを変えてテストを行っています。TAP-TST10での目測値で、無負荷時の消費電力は8.1Wとなります。後で掲載のconfigにあるようにフィルタ等は一切設定しておりません。

sender
MSS Mbps CPU 消費電力
1460(指定なし) 942 42% 8.5W
1200 930 45% 8.5W
800 898 56% 8.7W
400 812 83% 8.8W

スピードはIX2207と同様です。IX2215のほうが、CPUが高性能な分CPUの負荷が小さいようです。また消費電力は大き目となります。

IX2215のConfig

以下のように非常にシンプルなconfigで検証しています。フィルタやNATの設定はありません。

ip dhcp enable
!
ip dhcp profile lan1
  assignable-range 192.168.100.2 192.168.100.199
  default-gateway 192.168.100.1
!
ip dhcp profile lan2
  assignable-range 192.168.200.2 192.168.200.199
  default-gateway 192.168.200.1
!
interface GigaEthernet0.0
  ip address 192.168.200.1/24
  ip dhcp binding lan2
  no shutdown
!
interface GigaEthernet2.0
  ip address 192.168.100.1/24
  ip dhcp binding lan1
  no shutdown

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です