Rocket 620 SATAカード(88SE9125,88SE9128)を試す

Windows 10でのファイルサーバー又はFreeNAS on ESXiでの活用のために、押し入れに眠っていたHightPoint Rocket 620の動作確認を行ってみました。このカードを単体で買った記憶はなく、おそらく10年程前にWestern Digitalの3TBのHDDを購入したとき付属していたものかと思います。ググってみたら、こんな記事がありました。なお、Rocket 620はカード形状等からそう判断しただけであり、実際のHighPoint Rocket 620とは違う製品を検証している可能性もあるのでその点はご容赦下さい。

このカードは2つ保有していますが、よく見ると搭載されているチップが両者で異なります。

一つ目のカードはMarvell 88SE9125が搭載されています。

2つ目のカードはMarvell 88SE9128が搭載されています。

Windows 10での動作検証

検証に使った環境は以下となります。

OS Windows 10 Pro 2004 19041.388
Mother Asus H270M-PLUS (BIOS 20200108 1605)
CPU Core i7-7700K
Memory ADATA DDR4 2400 8GBx2
PSU KRPW-TI500W/94+
SSD M.2 WD Grenn 240GB
Cooler 虎撤2
Chipset Driver 20200507 10.1.18383.8213
Display Driver 20200626 27.20.100.8336
LAN Driver 20200615 25.1.1
Intel ME Driver 20190326 1909.12.0.1236
Audio Driver 20171228 6.0.1.8273
Intel RST インストールなし
BIOS設定 EPU and Performance Mode→Max Power-Saving Mode
利用PCIスロット PCIe x1 slot
88SE9125のカード

起動時に表示される画面からすると、BIOSのバージョンは1.1の模様です。Windows 10 2004ではドライバのインストールなしに、「標準 SATA AHCIコントローラー」として認識されます。

88SE9128のカード

起動時に表示される画面からすると、BIOSのバージョンは1.0.0.1012の模様です。こちらも、Windows 10 2004ではドライバのインストールなしに、「標準 SATA AHCIコントローラー」として認識されます。しかしこちらのカードに関しては何故かさらに「標準デュアルチャネルPCI IDE コントローラー」も認識されます。

Windows 10での動作検証結果

消費電力の計測にはREX-BTWATTCH1を用い、1秒間隔で10分間計測し10%点のデータをアイドル時の消費電力としています。ドライバはWindows 10の標準ドライバ「標準SATA AHCI コントローラー」2006/6/21 10.0.19041.1となります。

カード接続前の消費電力 11.7W
カード接続時の消費電力(88SE9125) 16.4W (HDD接続なし)
カード接続時の消費電力(88SE9128) 16.4W (HDD接続なし)
ファイル書き込み 特に問題なし(NTFSフォーマットで100GB程度テスト)
アイドル時のスピンダウン 一定時間アクセスがないとスピンダウンする
S.M.A.R.T値の読み取り OK (CrystalDiskInfo)

 

カード接続時(HDD接続なし)で約5Wの消費電力増なので、2ポートしか使えないことを考えるとイマイチです。HWiNFOで表示したカード情報は以下となります。

88SE9125のカード

88SE9128のカード

FreeNAS on ESXiでの動作検証

ESXiでの稼働のために、前述の環境から一部設定等を変更しています。SATAカードはESXiでゲストOSにパススルーします。

ホストOS ESXi6.7 20200604
ゲストOS FreeNAS 11.3-U3.2
BIOS設定 VT-xとVT-dの有効化

 

消費電力の計測にはREX-BTWATTCH1を用い、1秒間隔で10分間計測し10%点のデータをアイドル時の消費電力としています。

カード接続前の消費電力
(ESXiのみ起動)
14.6W
カード接続時の消費電力(2枚接続時)
(ESXiのみ起動)
21.89W (HDD接続なし)
FreeNASへのパススルー
FreeNASでのカードとディスク認識 × (dmesg | grep Marvellを実行するとコントローラーは認識されている模様)

 

このカードに接続のディスクがFreeNASから見えませんでした。ググるとどうやらMarvell 88SE91xxは色々課題がある模様。例えばここでは、VT-dを有効にするとバグで接続ディスクが認識されないとの説明があります。起動時には次のエラーメッセージが出ます。

試しにESXiを使わず、両方のカードを挿し直接FreeNASを起動する検証もしてみましたが、その時は正常に接続ディスクも認識され、S.M.A.R.T情報も取得できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です