RTX810のNATスループット(Firewallなしのケース)

YAMAHA RTX810のNATのスループットをFirewall(フィルタ)なしのケースで測定してみました。

計測環境

CentOS7 Aをクライアント、CentOS7 Bをサーバーにし、iperf3を実行しスループットの測定を行います。RTX810のファームウェアはRev.11.01.33です。

計測結果

CentOS7 Aでのiperf3の実行結果が以下となります。-Mオプションを使ってMSSを変えてテストを行っています。消費電力はTAP-TST10での目測値で無負荷時は3.7Wとなります。後で掲載のconfigにあるようにフィルタ等は一切設定しておりません。

receiver sender
MSS Mbps CPU 消費電力 Mbps CPU 消費電力
1460(指定なし) 939 98% 4.0W 880 99% 4.0W
1200 794 99% 4.0W 711 99% 3.9W
800 433 99% 3.9W 477 99% 3.9W
400 218 99% 3.8W 222 99% 3.8W

receiverの結果はCentOS7 Aから見てダウンロード方向(iperf3で-Rオプション)、senderの結果はCentOS7 Aから見てアップロード方向(iperf3で-Rオプションなし)の計測結果となります。単純routingの結果からNATを入れることでスループットが若干悪化しています。IX2105の結果と比較すると、やはりRTX830が悪い結果となっています。

RTX810のConfig

NATはmasqueradeの設定で、フィルタの設定はしていません。

ip route default gateway dhcp lan2
ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan2 address dhcp
ip lan2 nat descriptor 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です